プロフィール

kanatomoko

 

 

 

 

海南 友子(かなともこ)

 
1971年 東京都生まれ。日本女子大学在籍中に、是枝裕和のテレビドキュメンタリーに出演したことがきっかけで映像の世界へ。卒業後、NHKに入局。報道ディレクターとしてNHKスペシャルなどで環境問題の番組を制作。2000年に独立。

初監督作品は01年『マルディエム 彼女の人生に起きたこと』。インドネシアの戦争被害者を取材したこの作品は、山形国際ドキュメンタリー映画祭での特別上映を経て劇場公開。

04年の『にがい涙の大地から』で黒田清・日本ジャーナリスト会議新人賞を受賞、台湾国際ドキュメンタリー映画祭正式出品。優れた女性作家や活動家に与えられる平塚らいてう賞も受賞。

07年 劇映画のシナリオ『川べりのふたり(仮)』がサンダンス映画祭でサンダンスNHK国際映像作家賞を受賞。

09年 気候変動に揺れる3つの島(ツバル、ベネチア、シシマレフ島)を描いた『ビューティフル アイランズ 〜気候変動 沈む島の記憶〜』 (プロデューサー:是枝裕和)が、プサン国際映画祭でアジア映画基金AND賞を受賞、日米でロードショー公開。

12年 画家いわさきちひろの知られざる人生を描いた『いわさきちひろ 〜27歳の旅立ち〜』(エグゼクティブプロデューサー:山田洋次)が全国ロードショー。

11年、東日本大震災後の福島第一原発4キロ地点まで赴き撮影。その直後に妊娠し、男児を出産。自身の出産と放射能をテーマにした『A Lullaby Under the Nuclear Sky』を釜山国際映画祭でワールドプレミア上映。邦題を『抱く[HUG]』(ハグ)とし、16年に関西ほかロードショー公開。

山田洋次監督と是枝裕和監督の姿を通して日本映画界の力を描く『Two Directors: A Flame in Silence』(15)は、釜山国際映画祭20周年記念作品として同映画祭にて上映された。

10代の頃から旅行が大好きで、学生時代にはアジアから南米まで、のべ1年近く旅した。香港で水上ホームステイしたり、インドで井戸を掘ったり、NYで国連の会議に参加したり、ブラジルの環境都市をリポートしたり、バリ舞踊を習ったり。

大好きなアジアを旅する度に、どこかで『日本人と戦争』に出会い、よりよい未来のために過去を見据えることが大切だという意識を持つ。2001年の9/11以降は、全ての戦争に反対するという気持ちから様々なピースアクションにも参加。

環境問題はライフワークで、学生時代には植林などの活動や地球サミット(92年)のプロセスに参加。ごみゼロナビゲーションで知られるASEEDJAPANの立ち上げメンバーでもある。

趣味はスクーバダイビング。特技は日本舞踊(藤間流名取り)。
好きな場所は、京都、バリ島、沖縄。 心地よい風が吹き抜けるところ。
好きな作家 大江健三郎さん、ガルシア・マルケス。
影響を受けた人 父親、筑紫哲也さん、是枝裕和さん。

filmography

ドキュメンタリー映画ハグドキュメンタリー映画ハグ

抱く[HUG](ハグ)

スタッフ

プロデューサー:向山正利 向井麻理
撮影:南幸男 向山正利
企画・製作:ホライズン・フィーチャーズ
配給・宣伝:ユナイテッドピープル
2014年/カラー/ステレオ/69分
英題:A Lullaby Under the Nuclear Sky  

 

受賞歴および映画祭 

釜山国際映画祭正式出品(韓国)
エコトップ映画祭正式出品(チェコ)
トレヴィソ・ソル・ルナドキュメンタリー映画際正式出品(イタリア)
パーレモ・ソル・ルナ・ドキュメンタリー映画際正式出品 特別学生審査員最優秀賞受賞
CNEX台北ドキュメンタリー映画際正式出品(台湾)
カトリック映画祭正式出品(韓国)
ボズカーダ国際エコロジカルドキュメンタリー映画祭正式出品(トルコ)

Elles Tournent 女性映画祭正式出品(フランス)

 

作品概要

あの日から変わってしまったこの空の下で、君を抱きしめる――。

生まれてくる命のために、私はどんな未来を描けるのだろう。

これは、わが子とその未来を守る母の、愛と絆の記録。

 

 「あなたを全力で守るから。だからどうか、無事に生まれてきてください。」

そう言って自分のおなかを優しく抱きしめる母。 映画「抱く(HUG)」は、新しい命と、強く美しい母の愛が生まれる瞬間を捉えた、感動のドキュメンタリーです。

 

これまで一貫して環境問題や逆境に生きる人々に焦点を置いた作品を発表してきた海南友子は、次なる取材地に福島を選び、3.11直後に原発4キロ地点にまで肉薄して取材をしていました。その矢先に妊娠していることに気づきます。不妊治療の末、とうに諦めていた初めての妊娠でした。

 

新しい命が宿っていると知ってから、福島で出会った母たちの苦しみが、そのまま自分のものとなりました。そして、生まれてはじめて自分にカメラを向ける決心をするのです。

 

3.11以降、何もかもが変わってしまったこの世界で、母となる意味を記録する為に・・・。

ビューテジフルアイランズ

ビューティフル アイランズ
〜気候変動 沈む島の記憶〜

 

ドキュメンタリー映画 09年

監督・プロデューサー・ 編集 106分  

 

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー/是枝裕和
撮影/南幸男
撮影技術・録音/河合正樹 
整音/森 栄司 
アソシエイ トプロデューサー/向山正利

 

受賞歴および映画祭 

プサン国際映画祭アジア映画基金AND 賞受賞
アースビジョン地球環境映像祭 アースビジョン賞 受賞
東京国際女性映画祭正式出品
ハワイ国際映画祭ス プリングショーケース
台北映画祭正式出品

 

作品概要

舞台は、南太平洋のツバル、イタリアのベニス、アラスカのシ シマレフ島。気候も文化も異なる島で生きる人々の普通の"暮らし"に焦点を当て3年がかりで撮影。絆を育む祭りや、長年受け継がれる伝統工芸、水辺の暮らし。そのすべてが気候変動で失われゆくものです。

海南は「気候変動で、私たちが一体何を失うのか?を"感じる"作品を作りたい」と、ナレーションやBGMを排して、波や風の音、島の人々の美しい歌声や子供の笑顔と旅する作品に仕上げました。撮影には詩的な映像で知られる南幸男を迎え、現場で1カットずつ話し合いながら作った渾身作。

エグゼクティブプロデューサーには、海南の20年来の友人で恩師でもある是枝裕和が、企画に参加しています。日米韓でロードショー公開された。 デジタルな世界で生きる私たちの本質的な感性がよみがえる1時間50分です。

ビューテジフルアイランズ

いわさきちひろ 〜27歳の旅立ち〜

 

ドキュメンタリー映画 12年

監督・編集 96分  

 

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー/山田洋次
声の出演/檀れい、田中哲司
ナレーション/加賀美幸子
出演/黒柳徹子、高畑勲、中原ひとみ、松本善明 ほか
助成 文化芸術振興費補助金

 

作品概要

絵本画家いわさきちひろ。子どもへの愛に溢れ、ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子・著)の絵でも知られるちひろの絵は、没後38年経った今も、世代を超え愛され続けている。その絵を知らない人はいないとも言えるいわさきちひろだが、彼女の人生が波乱に満ちたものであったことは、あまり知られていない。本作は、彼女の知られざる人生に迫ったドキュメンタリー映画である。
映画は、その柔らかな絵からは想像できない、波乱の人生を追っていく。その中で浮き彫りになるのは、情熱的な恋に身を焦がした女性としての顔、孤立しながらも童画界を変えようと奔走した芸術家としての顔、そしてすべての子どもの未来を守ろうとした強い母としての顔だ。生前を知る人々が「ちひろは"鉄の芯棒を真綿でくるんだような人"だった」というように、どんな困難にも決して屈しなかった彼女の姿に触れたとき、私たちはその強さに驚きと感動をもらうことだろう。『いわさきちひろ~27歳の旅立ち~』は、今を生きるすべての人に贈る感動のメッセージだ。

サンダンス映画祭

川べりのふたり(仮)

 

劇映画シナリオ 07年 
脚本 
現在制作中

 

受賞歴および映画祭

サンダンス映画祭・サンダンスNHK 国際映像作家賞受賞

 

作品概要 

戦後間もない九州のダンスホール。そこで恋に 落ちた清二と安子。

お互い家族を戦争で失っていた二人は、 それから60年余りを共にしてきた。友人の死や病気と闘う日々の中で、人生の終わりが見えてきた二人は、最後の旅に出る。 思い出のダンスナンバーと共に・・・。

実際の事件をモチーフに老夫婦の最期の日々を描きながら、"幸せの形"について問いかけるヒューマンドラマ。九州の大自然を舞台に、切なくも美しい人生のラストダンスを描く。  

にがい涙の大地から

にがい涙の大地から

 

ドキュメンタリー映画 04年 
監督・撮影・編集 87分

 

受賞歴および映画祭

黒田清・日本ジャーナリスト会議新人賞受賞

台湾ドキュメンタリー映画祭 正式出品

FIPA国際映像祭正式出品

平塚らいてう賞

 

作品概要 

2003年中国で27歳のリウ・ミンに出会った。 彼女の涙は止まらなかった。 戦争が終わって60年。今も中国の大地には、日本が棄てた兵器 が眠り続けている。

マルディエム彼女の人生におきたこと

マルディエム
彼女の人生に起きたこと

 

ドキュメンタリー映画 2001年  
監督・撮影・編集 92分

 

受賞歴および映画祭

山形国際ドキュメンタリー映画祭  特別上映

ジャカルタ国際映画祭

 

作品概要 

インドネシアの王宮に仕える家に生まれたマルディエムさん。13 歳でだまされて「慰安婦」にさせられた彼女は、55年ぶりにか つての慰安所を訪ねる旅にでる。

book

beautiful islands フォトブック

公式フォトブック
"Beautiful Islands"

 

映画の世界観が凝縮されたもう一 つのビューティフル アイラ ンズ・・・。
豊富な写真と、監督の撮影日記が日本語、英語で表記。沈みゆく島の美しい今が切り取られた一冊。

 

版元:角川メディアハウス

価格:1300円

 

ドキュメンタリーの力

ドキュメンタリーの力

 

思考停止に陥る消費する映像から、思考を促すもう一つのメディアへマスメディアでは伝えられない出来事のもう一つの側面を知り、人間の存在をリアルに感じとることができるのが、市民メディアとしてのドキュメンタリー映画。受け手とつくり手のインタラクティブなあり方を模索しつつ、各地で上映を広げるドキュメンタリーの、もっとも旬な監督が自らの作品づくりを通して、〈ドキュメンタリーの力〉を語ります。

 

鎌仲ひとみ・金 聖雄・海南友子 著

版元:子どもの未来社

本体価格: 840円

テレビその他

裸にしたい男たち 〜狂言師・野村萬斎〜 (NHK総合)
エコツアー 風の大地パタゴニア (NHKハイビジョン)
特集・道路公団(テレビ朝日 サンデーモーニング)
クローズアップ現代 PCB汚染(NHK総合)
元日特集 アジア獅子舞紀行(NHK総合)
NHKスペシャル 徹底検証 ダイオキシン(NHK総合) 
僧侶がたずねる強制連行(NHK総合)     
日本女子大学桜楓会100周年記念作品『実りの歳月(とき) 』
                            ほか

 


PAGE TOP